戸籍には戸籍謄本、戸籍抄本、改製原戸籍、除籍謄本があります。

戸籍の種類

戸籍簿の種類

戸籍簿には以下の種類があります。

  • 全部事項証明(戸籍謄本)
  • 個人事項証明(戸籍抄本)
  • 除籍謄本・抄本
  • 改製原戸籍謄本・抄本

 

戸籍謄本という呼び方は昔からのもので、今現在、役所が交付しているものは”全部事項証明”や”個人事項証明”といいます。
しかし、”戸籍謄本”や”戸籍抄本”という呼び方が一般的に知られていますので「戸籍謄本や戸籍抄本が欲しい」と言えば間違いなく通じます。
むしろ、「全部事項証明が欲しい」という方が少ないかも知れません。

関連ページ

謄本と抄本
戸籍には戸籍謄本、戸籍抄本、というように謄本と抄本という言葉がでてきます。謄本と抄本について解説します。
改製原戸籍について
法律によって戸籍が変わる場合、その元となった戸籍簿のことを改製原戸籍といいます。この改製原戸籍について解説します。
除籍謄本・抄本について
戸籍に載っている人が全ていなくなると、その戸籍は除籍されます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
各コースのご案内 ご利用の流れ 料金について ご依頼はこちら お問い合わせ ご利用者様の声