代襲相続と数次相続の違い

相続順位とは

相続順位

相続する人は民法という法律に以下のように定められています。
以下は、それぞれ相続権があるものとして作成しています。
重要

被相続人の配偶者は、常に相続人となります。

 

第一順位

被相続人の子、またはその代襲者
代襲者となる人に制限はなく再代襲、再々代襲と延々続きます。
曾孫や玄孫も相続人となる資格を持っています。もし赤ん坊だとしても立派な相続人なのです。
さらに言えば、まだ生まれていない胎児も相続人となる資格をもっていますので注意してください。

 

第二順位

直系尊属
亡くなられた人に直系卑属(子や孫、曾孫・・・(養子含む)がひとりもいない場合に相続人となります。

 

※世代の近い人が優先されます。
例えば父親が亡くなっていても母親が生存している場合は、母親のみが相続人となります。父親の父母(祖父母)が相続人となることはありません。
ただし、父母の両名が亡くなっている場合は両名それぞれの父母(祖父母)4人のいずれかが相続人となります。
そしてその4人の中でひとりでも生存されていれば、その人ひとりが相続人となります。

 

直系尊属については法律上”代襲相続”とは言いませんので少しややこしいですが、直系尊属の方がご存命の限りその人は相続人となりえますので注意してください。

 

第三順位

兄弟姉妹またはその代襲者
亡くなられた方に直系卑属(子や孫、曾孫・・・(養子含む)がひとりもおらず、直系尊属も全員亡くなっている場合に相続人となります。

兄弟姉妹の代襲の範囲は一代限り(姪甥まで)です。
姪甥の子が相続人となることはありません。

 

相続人の範囲

関連ページ

親族について
民法には親族とは誰なのかの規定がされています。相続手続きをする場合にも重要な規定です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
各コースのご案内 ご利用の流れ 料金について ご依頼はこちら お問い合わせ ご利用者様の声